ご挨拶

 当社は創業者であり私の父である岡田正市が練馬区と埼玉県加須市で昭和48年に創業してから今年(2013年現在)で40年を迎えました。元々は大正9年に岡田家の11代目である岡田仁三郎が加須市で馬を使っての運送業を始めましたが、その後戦争が始まった事などもあり、閉鎖。第二の創業として昭和48年に設備工事業として14代目である岡田正市が創業を致しました。

 当社は創業以来40年間、顧客第一主義を社訓に掲げて多数のゼネコン様より高い評価を得て数多くのお仕事を頂いてきておりましたが、私が同業他社にて修行を終えて26歳の時に入社した頃は、父が病気がちで入退院を繰り返していた事もあり、創業の精神はかなり薄れており良い社員は辞めていき、業者との癒着を繰り返すような社員や経営側を悪として社員や業者が徒党を組むように裏で仕掛ける社員などが蔓延っている会社になっておりましたが、創業の初心に立ち返り顧客第一主義の原点に戻り、顧客への対応を社員、協力業者、材料商社などに誠心誠意の対応、義理にこだわり受けた仕事はどんな事があっても必ず責任をもって終わらせる。それが信頼、信用につながり、次の仕事につながる何よりもの営業になるんだと実践してきた結果、10年間の間に90%の社員、協力業者が入れ替わりましたが、最近4・5年はほぼ不動のメンバーで業務を行っており、類は友を呼ぶのことわざの通りの社員、協力業者、材料商社が集いそれがまた一枚岩になる事ができた結果、多数のゼネコン様よりメイン設備業者として取り引きさせてもらっております。

  当社の一番の武器はチーム岡田として「誠心、誠意、義理、責任」イコール「信用、信頼」という精神で働いてくれている社員、協力業者、材料商社等の人材であると自負しております。

岡田設備工業株式会社 代表取締役 岡田茂之